お花見の由来・起源・意味とは?歴史は江戸時代からってホント?

桜の写真

桜もち、桜吹雪、桜人などなど・・・。日本に「桜」が付く言葉が数多くあるように、私たちにとって桜は、なじみ深い存在ですよね。菊と同じく日本の国花でもある桜は、春の訪れを感じさせるように、なんだか明るい印象を持つかたも多いのではないでしょうか。

また、桜とセットのお花見も私たちが慣れ親しんだ行事ですよね。 私も子供の頃は、友達とおにぎりや水筒を持って公園にレジャーシートを敷き、桜ごしに空を眺めていました。当時の私は、そんな風流な自分に酔っている少しマセた子供だったのかもしれませんね(笑)

今回は、 身近で日本人になじみ深い存在の「お花見の起源」についてお伝えしていきます。これからの季節お花見をするという方は是非、話のネタにしてみてくださいね!

お花見の起源・由来は奈良時代の貴族行事から

梅の花の写真
梅の花

現代のお花見と言えば、桜の下で仲間と食べる物を持ち寄って飲んだり食べたり、ときには騒いだりするのが一般的な楽しみ方ですよね。しかし、そのお花見の歴史をたどると、始まりは違うようです。そこで今回は、お花見の起源や由来についてご紹介していきます。

お花見の歴史と言えば始まりは古く、奈良時代まで遡るとされています。しかもその頃は、現在の私たちが行うような、桜の下で賑やかにするものではなかったようです。

奈良時代の日本では「桜」ではなく、「梅の花」を観賞していたようです。当時、梅の花というのは中国から伝来したばかりであり、とても珍しい植物でした。そのため「外来の珍しく綺麗な花を、みんなで楽しみましょう」といった行事だったようです。

ですから当時は、「花といえば梅」となっており、「万葉集」に梅の歌が100首を超えるほどあるのも、そのためです。学生の時に古典の授業で、梅ばかり出てきていたのも、そういう理由だったからなんですね!

ちなみにその行事は、奈良時代の貴族が始めたとされています。貴族たちは、中国の唐王朝の文化にならって梅の花を観賞しながら、参加した人達で歌を詠んでいたようです。今のお花見とは随分とスタイルが異なり、なんだか堅苦しい行事だったんですね。

桜を見るお花見の起源は平安時代から

メジロと桜の写真

平安時代に入ると、お花見の対象が、梅から桜へと変わっていきます。桜の花のお花見の起源は、嵯峨天皇が催した「花宴の節」という宴だったと 『日本後紀』に記されています。

これは、この日本後紀という書物が桜のお花見が書かれている最古のものになることから、平安時代に梅から桜に変わったと推測できるようです。

また、源氏物語によると812年には、花宴は宮中の行事とされ、天皇主催で定例行事とされていたそうです。貴族たちには広い庭があり、そこに桜の木を植えて鑑賞していたようです。自宅のお庭で桜を眺めるなんて、とても素敵ですよね。

お花見が今の風習になったのはいつから?

桜のライトアップの写真

長らくの間、貴族行事として行われていたお花見ですが、現代のようなお花見の形になったのは、江戸時代になってからだと言われています。

きっかけは、江戸時代に将軍たちが桜の植樹を推奨したことでした。それにより江戸の色々な場所に桜の名所が誕生し、庶民にもお花見が広まっていったようです。

特に八代将軍の徳川吉宗は、たくさんの人にお花見を楽しんでもらおうと、王子の飛鳥山や品川の御殿山、隅田川の堤などに多くの桜を植えたそうです。観賞のためにこれほど多くの桜を植樹するなんて、素敵な将軍ですね。

お花見の意味や意義とは?

春の季節に楽しむお団子

桜には他の役割もあり、昔は、「咲き具合によってその年にお米がどれくらいできるか」という占いもしていたそうです。また、「悪いことが起きませんように」といった厄除けも兼ねていたと言われています。当時は山に出かけて桜の木の下で食べたり歌ったりして楽しむことで、厄を祓(はら)うことができると考えられていたようです。

また開花は、神様が降りたという証だとされ、早くに散ることは良くないとされていました。お花見はお祓(はら)いのための宗教的な意味もあったようですね。

ちなみに日本では、ソメイヨシノという品種が一般的で、開花の目安となる標準木にもなっています。このソメイヨシノというのは、江戸時代末期から明治初期に江戸にあった染井村で職人達によって交雑して作られたそうです。

そのためか、ソメイヨシノは種子からの繁殖ができないようです。人の手による挿し木でここまで数を増やしたなんて、当時の人たちは相当な力の入れようだったんですね。

まとめ:お花見の起源は、桜ではなく梅を眺めるものだった

お花見する人イラスト
  • 昔のお花見では、中国から伝来した梅を観賞していた
  • 平安時代に貴族が庭に桜を植えて、観賞するようになった
  • 江戸時代に桜の植樹がきっかけでお花見が庶民へと広まった 
  • 昔は桜を用いて占いやお祓いも行われていた

桜は1年の内、たった2週間程度で見頃を終える儚い植物です。美しく満開に咲き誇り、役目を終えるとはらはら散り去る姿は、何百年も前から変わらず日本人の心の中に住み続けているようです。

私も先日、桜が植えられている自宅近くの公園に行くと、たくさんの蕾をつけて今か今かと、開花を待ち望む姿を見つけました。来月には淡いピンクの花が咲き、その下で多くの笑顔が溢れることでしょう。今年も例年のようにその中に混じって私もお花見を楽しむことができればいいな・・・と思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。