八十八夜とは?意味や由来と、お茶摘みのイメージが定着した理由について解説

お茶摘みをしている人の写真

「夏も近づく八十八夜」というメロディー歌詞をご存じでしょうか?

「茶摘み」という歌で、明治45年(1911年)に初めて『尋常小学唱歌(三)』という小学3年生の歌の教科書に登場し、昭和17年(1942年)には一度掲載されず消えてしまいましたが、平成4年(1994年)に再び小学3年生で習う共通教材として採用されている曲になります。

そんな親しまれてきた曲の歌い出しですが、歌は知っていても、詳しい意味までは分からないという人も多いですよね。

そこで今回は、本来の八十八夜の意味について、また、関係の深い日本茶についてもご紹介したいと思います!

八十八夜(はちじゅうはちや)の意味と由来とは?

「八十八夜」とは、立春の日から数えてちょうど八十八日目のことを言います。うるう年があることから、その年によって日にちが微妙に変わりますが、大体5月2日頃が八十八夜に当たります。

八十八夜が分類される雑節とは?


日本で旧暦が使われていた頃、季節は4つではなく24あったとされ、「二十四節気(にじゅうしせっき)」と言われていました。そして暦には二十四節気以外に、季節の変化をより分かりやすくするため、生活の中から自然発生的に生まれた民俗行事・年中行事が記されるようになり、これを「雑節(ざっせつ)」と呼んでいます。

雑節は二十四節気のように中国から伝わったのではなく、日本人の生活文化から生まれた日本独自のものです。

主な雑節として…
土用(入)、節分、彼岸(入・中日・明)、社日、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日、二百二十日
が挙げられます。土用、節分、彼岸などは今でもなじみが深いですね!


ちなみに二十四節気でいうと、立春から数えて88日目は「穀雨(こくう)」の季節に入ります。穀雨は春の節気のいちばん最後で、穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。

雑節となった八十八夜

稲写真

なぜ雑節に八十八夜が取り入れられたかというと、農業をする人が多かった昔の日本では、ちょうどこの頃に種まきや田植えの準備、茶摘みなど春の農作業が行われていたからです。
八十八夜から少しすると二十四節気でいう「立夏」になるため、昔の人はこの時期を夏の準備を始める目安ととらえていたのですね。

また「八」の字は、現代でも末広がりで縁起がいいと言います。車のナンバーに入れている人も多いですよね。その八の字が二つも入っている八十八夜は、それだけに縁起のいい日と考えられていました。
また、「八」「十」「八」の3つの字を組み合わせると「米」という字に見えますね。そのため農業に携わる人びとにとって、五穀豊穣を願う日として大切にされてきたようです。

八十八夜に「夜」がついている理由

月の満ち欠けイラスト

では、なぜ立春から数えて八十八日目を、「夜」という字を付けて「八十八夜」と呼ぶようになったのでしょう?

日本では昔、月の満ち欠けを基準にした「太陰暦」というものが使われていました。
月の満ち欠けを見て日にちを数えていたため、その頃は「夜」を基準に考えられていました。
月の満ち欠けの周期は約29.5日です。これを3回繰り返すと、29.5日×3=88.5日となります。立春から月の満ち欠けを数えて3周目(約88.5日)がちょうど収穫時期にふさわしいと判断していたのでしょうね。この太陰暦による考え方により、88日目=八十八「夜」と呼ばれているのではないかと言われています。

また、当時は88日目の夜の月の状態を見て、種まきや田植えをするか決めていたことから、八十八夜となったという説もあります。どちらにしても、昔は月が生活にとても密着していたのですね。

その後、明治五年に改暦がおこなわれ、現在の太陽を基準にした太陽暦という暦になりました。

八十八夜とお茶の関係とは

「八十八夜の新茶を飲むと病気にならない」や「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きする」など言われていますが、実は八十八夜とお茶にはとっても縁があるのです。

なぜそのように言われるかというと理由はその成分にあり、お茶の新芽に含まれる成分は八十八夜の頃のものが一番豊富なんだそうです!

お茶の葉は寒い時期にゆっくりと養分を蓄えて、春になると少しずつ芽を出し始めます。このため早く芽が出た新芽で作った新茶(一番茶とも言います)は、その後に摘まれる茶葉よりも栄養価やうまみ成分が一番多く含まれています。

この健康に良い成分はビタミンCやテニアン、アミノ酸といったもので、新茶はこれらがたっぷり含まれているので苦みが少なく、良い味わいになっています。
古くから新茶は初物、縁起が良い物とされていただけでなく、飲むことで「風邪をひきにくくなる」、「病気にかかりにくくなる」と言われているのはその栄養分のおかげと言えますね。

ちなみに日本茶の種類は製造工程の違いで区別され、新茶のうち新芽が開きはじめた頃から20日間ほど藁やヨシズで日光を遮り育てた茶葉が「玉露」となります。二番茶は6月、三番茶は7月上旬となるそうです。

茶摘みの歌と八十八夜

冒頭でも少し、歌の『茶摘み』について話題にしましたが、『茶摘み』の歌に八十八夜が使われているのは、88日目に収穫したお茶が一番良いとされているので、その日に見られる茶摘みの光景を歌にしているからになります。

改めて歌詞を確認してみましょう。

【1】

  夏も近づく 八十八夜 

  野にも 山にも 若葉が茂る

  あれに見えるは 茶摘みじゃないか

  あかねだすきに 菅(すげ)の笠(かさ)

【2】

  日和(ひより)つづきの 今日このごろを

  心 のどかに 摘みつつ 歌う

  摘めよ 摘め 摘め 摘まねばならぬ

  摘まにゃ 日本の 茶にならぬ

こちらの歌は、京都府の宇治田原町(うじたわらちょう)の茶摘み歌が由来となって作られたのではないかと言われているようです。

また、宇治の周辺地域にも同じような茶摘みの歌があり、伝承されているそうです。

ちなみに、茶摘みの歌の歌詞の意味は、

【1】夏が近づいてきた5月の初めに 野原にも 山にも 若葉がたくさん出てきている あそこに見えているのは 茶摘みをしている人だろうか 茜(あかね)色のたすきをつけて 菅の笠をかぶっている

【2】毎日 晴れの日が続いている この頃は 落ち着いた心持ちで 葉を摘みながら 歌うよ 摘みなさい 摘みなさい 摘みなさい 摘まなければならない 摘まないと日本のお茶にならないのだから

という意味になるようです。この『茶摘み』の歌が由来となり、「八十八夜」にお茶摘みのイメージが定着したと言われています。

八十八夜の行事

八十八夜は春から夏に季節が移り変わる節目の日となっていて、八十八は末広がりの縁起の良い数字ということもあり、衣替えなど、夏の準備をするにも良い日とされていました。

八十八夜の日に食べる行事食などはあまりないようですが、新茶の季節に合わせた和菓子や、近年人気の抹茶デザートなどを提供するお茶屋さんやカフェがあるそうです。

また、お茶の産地では新茶にちなんだイベントを行っているところもあり、
埼玉県狭山市では「八十八夜新茶まつり」というものが行われます。新茶パックや茶の苗木の無料配布、新茶の天ぷら試食などが楽しめるそうです。

京都府宇治市では「八十八夜茶摘みの集い」が行われています。こちらでは実際に茶摘みの体験ができたり、ホットプレートによる製茶体験などが楽しめるそうです。この季節ならではのイベント、ぜひ行ってみたいものです。

2020年の八十八夜はいつ?

立春はだいたい2月4日ですので、88日後は毎年5月2日になります。ただし今年、2020年のように2月29日がある「うるう年」は、八十八夜が5月1日となります。

このころに言われる言葉として、「八十八夜の別れ霜」や「八十八夜の泣き霜」というものがあります。八十八夜のあたりには気温が急に下がって霜が降り、農作物に被害が及ぶため農家ではその被害に悩まされてきました。

また、一般的には霜が発生するのは八十八夜ごろまでとされ、これ以降は降らないと言われています。八十八夜が過ぎれば気候も安定することから、八十八夜は昔から農作業の目安とされ、農家ではこの頃から本格的に農作業にとりかかりました。


しかし「九十九夜の泣き霜」という言葉もあり、5月半ばまで泣いても泣ききれないほどの大きな遅霜が発生する地域もあります。八十八夜前後は農作業を行ううえで、油断ならない時期だったことが分かりますね。

まとめ:八十八夜とは立春から88日目、その年の新茶が採れる時期のこと

  • 「八十八夜」とは立春の日から数えてちょうど八十八日目のことで、うるう年がある今年は5月1日が八十八夜に当たる
  • 「八十八夜」の「夜」は夜に月の満ち欠けを見て日にちを判断していた太陰暦の考え方からが有力
  • 八十八夜は旧暦の中でいうと、日本人の生活文化から生まれた「雑節」の内の一つ
  • 「八」の字は末広がりで縁起がいいとされるため、二つも入っている八十八夜は縁起のいい日と考えられていた
  • お茶の新芽に含まれる成分は八十八夜の頃のものが一番豊富で、「八十八夜の新茶を飲むと病気にならない」や「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きする」と言われてきた

平安時代に最澄などの僧が中国からお茶の種を持って帰ったのが日本でのお茶の始まりで、昔は貴族など限られた人しか口にできない高級品であり、当初は薬として飲まれていました。

そして実は日本茶とウーロン茶、紅茶は同じ茶葉で、加工の仕方が異なるだけなんだそうです!日本、中国、イギリスでお茶の文化がそれぞれなのもお茶の魅力と言えますね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。