ひな祭りの由来を子供向けに紹介!準備物から遊びまで徹底解説!

おひな様とお内裏様の置物の写真

ひな祭りの歴史と由来

3月3日は女の子をお祝いするひな祭り!

ひな祭りと言えば、女の子の健やかな成長と幸せを願う節句の行事ですよね。日本文化とは疎遠になってきたと言われる現代のご家庭でも、華やかな雛人形を飾り、ちらし寿司をみんなで食べてお祝いするところはまだまだ多いのではないでしょうか。

私も子供のころは、3月が近づくとお家にお雛様が飾られていました。妹のおかげでおいしいご飯を食べれて、一緒にお祝いしてもらって・・・と、

記事を書きながら当時を思い起こすと、 あの頃はにぎやかで幸せだったな~・・・なんて、たまにあの時代に戻りたくなったりもするものです(笑)

この女の子にとって一年に一度のお祝い行事。始まりはいつどのようなものだったのでしょうか。

気になったので調べてみると、その始まりははっきりせず、複数の説があるようです。その中で最も有力とされているのが、およそ1200年前の平安時代の子女の遊びが現代のひな祭りに変わっていったとされる説です。

もともとは女の子のお祭りではなかった

現代では女の子のお祭りですが、元は中国で行われていた女の子とは関係のないお祭りが日本に伝わり、ひな祭りに変わっていったとされています。

ところで日本には、江戸時代に定められた「五節句」というものがありますがご存じでしょうか。じつはこの節句というのも中国から伝わってきたものなのです。

そこで、中国で行われていたお祭りを説明するために、まずは五節句についてお話しますね。

五節句とは?

1月7日:「人日(じんじつ)の節句」

3月3日:「上巳(じょうし)の節句」(桃の節句

5月5日:「端午(たんご)の節句」

7月7日:「七夕(しちせき)の節句」

9月9日:「重陽(ちょうよう)の節句」 

のことを指します。

「桃の節句」や、子供の日の「端午の節句」は聞き覚えがあるひともいるのではないでしょうか。実は全部で5つも節句があるんですね!

このうちの、桃の節句といわれる時期。季節の変わり目である節句は、中国では邪気が入りやすいと考えられていました。そのため3世紀ごろから、三月の最初の巳の日に「上巳の祓(じょうしのはらえ)」というお祈り行事を行っていました。

これは、穢れを水に流して厄払いしたり、お酒を飲みながら詩を詠んで楽しんだりする行事ですが、この中国の「上巳の祓」と、平安時代から上流階級の間で行われていた、「人形に災厄を移して水に流す行事」が、いつの日か合わさったことで、ひな祭りの原型が生まれたのではないかとされています。

この合わさった行事のひとつである、「人形に災厄を移して水に流す行事」についてですが、 当時の貴族たちは人形にお酒やお供え物を添えて「災いを身代わりに背負ってくれますように」との願いを込めていたそうです。

この行事も時がたつにつれ、上流階級の方たちだけでやっていた風習がやがて農民へも伝わります。すると初めは藁で作っていたこともあってか、人形も時代と共に大きく立派になっていきました。

そして徐々に、川に流さず家に飾るようになったことが、現代のひな祭り文化の始まりとなりました。この始まりが、江戸時代と言われています。

ちなみに、ひな人形と言われるようになったのは、そのころ貴族で流行っていた人形を用いたおままごとを「ひいな遊び」と言っていたことが語源となったようです。

ひな祭りで、ひな人形や桃の花を飾る理由とは

はじめは人形を川に流していたため、人形は土や草、紙、藁など簡単なもので作られていました。それが時代と共に豪華になり、江戸時代には一層華やかなものを家に飾ったと言われています。

また、ひな祭りは「桃の節句」とも言われますよね。それは元々中国のお祭りで桃の花が使われていたからだと言われています。

当時の中国では、桃には魔除けや長寿のパワーがあるとされていました。この考えが日本にもあったことから日本の神話にも、イザナミノミコトという神様が、幽霊を追い払うために桃を投げつけたという話もあります。

「桃」が付いた名前のお子さんが多いのも、人から邪気や穢れを遠ざけ、長生きしてほしいという意味が込められているからかもしれませんね。

また当時は今と違い旧暦だったため、桃の節句は今でいう、3月末から4月中旬を指します。

ちょうどその頃は桃の花が咲く時期でもあり、中国では桃の花のお酒を飲んだり、桃の葉のお風呂に入ることで厄払いをしていたそうです。

ふわふわしたピンクのかわいらしい桃の花は、ひな祭りにぴったりのお花ですよね。機会があれば入ってみたいものです。

ひな人形はいつからいつまで出すの?

華やかな雛人形は時期が近づくと、早く出してできるだけ長く飾りたいものですよね。ではいつ頃から出すのが良いのでしょうか。

一般的には立春(2月4日)過ぎから2月中旬ごろにかけて

余裕をもって飾るのが良いとされます。できれば遅くとも一週間前までには飾りましょう。また、前日に飾るのは縁起が良くないともされていますので、気を付けて下さいね。

お祝いが終わったあとは、3月中旬頃までの気候の良い日に丁寧に片付けましょう。カビや劣化を抑えるためにも、晴れ日の湿気が少ないときが良いですね。

よく、「早く片付けないとお嫁にいけない!」などとも言われますが、それは昔に人形を川に流していたころの名残です。気にする必要はありませんので、天気が良く時間のある時にしまいましょう。

ひな祭りの人形の種類とそれぞれの役割とは

昔から「七」は縁起のいい数字とされ、雛人形でも七段で構成される別名「十五人飾り」が最も美しいとされています。その十五人飾りの人形について役割をそれぞれお伝えしますね。

お雛様とお内裏様(おひなさまとおだいりさま)

七段飾りの一番上の段には、内裏雛と言われる2人の人形が飾られています。日本では天皇にあたる位の男女の二人です。正式には「男雛(おびな)・女雛(めびな)」または「お殿様・お雛様」と呼びのが正しいようです。女雛は着物を何枚も重ねた、十二単(じゅうにひとえ)と言われるものを身に着けています。

三人宮女(さんにんかんじょ)

上から二段目は内裏雛の身の回りのお世話をする三人官女です。三人官女は和歌や漢文の”たしなみ”があるそうです。それぞれが長柄銚子(ながえのちょうし)、加銚子(くわえのちょうし)、盃(さかずき)(三宝)を持っています。ちなみに左右の官女が持つ銚子は、結婚式の三三九度で使われるものです。

また、真ん中の官女は眉毛がなく、お歯黒をしてあります。昔の既婚女性は、眉毛を剃って、お歯黒をつけるという習慣があったので、真ん中の官女だけ既婚者ということになりますね。

五人囃子(ごにんばやし)

上から三段目は五人囃子で、子供の姿をした音楽隊です。子供であるということは、髪の毛を結ばず、侍烏帽子(さむらいえぼし)をかぶっていることから分かります。お殿様とお雛様の前で、秀才な美少年たちが 能楽の腕前を披露しています。

また、能楽とは 室町時代より600年以上受け継がれてきた日本を代表する舞台芸術で、能面を用いる音楽劇です。

能楽は現代でも行われていますが、およそ90分の劇中は非常に静かな時が流れ続けるので、初めて観にいった方はほぼ100%眠りにつくそうですよ。

随身(ずいじん)

上から四段目は随臣といい、別名左大臣・右大臣とも呼ばれています。外出するときに天皇を守る役割があるようです。右大臣、左大臣と分かれていることで、悪いものが近づかないように守っています。

仕丁(しちょう)

上から五段目は仕丁と言って、内裏様のお供をしたり御所の雑用をする人たちです。地方からの労働者として宮廷に入っていたと考えられ、ひな飾りの中では唯一、庶民出身の白衣を着ています。

表情豊かな三人は、それぞれ泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸で表情豊かに育つようにという願いが込められています。

ひな祭りの料理

ちらしずし・はまぐり・雛あられを食べる理由とは

現代ではちらし寿司や蛤(はまぐり)のお吸い物をみんなで食べてお祝いするのが一般的とされています。どちらもおいしいですよね。

ちらし寿司には色々な具材が入っていますが、これは将来食べ物に困らないようにという願いが込められているそうです。

そして蛤のお吸い物は、蛤の貝殻のようにパートナーと一生添い遂げられますようにという意味が込められています。

また、お菓子の雛あられは、桃、緑、黄、白の四色で構成されていることが多いのですが、この4色は四季を表しています。これは、「一年を通して娘の幸せを祈る」という意味が込められています。

菱餅(ひしもち)の意味とは

5色のお餅で作られた菱餅は、茶色、黄色、緑、白、赤の順です。これは土から葉が伸びて、茎があり花が咲く順と言われています。

また三色の菱餅は、赤(桃の色)、白(雪)、緑(草)といわれており、赤にはクチナシ、緑はヨモギが色付けのために混ぜられています。ともに邪気を祓うと信じられてきた植物であり、菱餅を食べることで邪気を打ち消すと考えられ用いられました。

菱餅がひし形をしているのは、水生植物の菱が水に浮かんだ時の葉っぱの形を表していて、尖った形に魔除けや厄除けの意味があるからだと言われています。

また、心臓を表しているという説もあり、ただの飾りではなく健康を祈る意味もあるようです。

白酒(しろざけ)の意味とは

白酒とは見た目が白く濁ったお酒のことです。菱餅や雛あられと一緒に、白酒を飲んだことがある方もいるのではないでしょうか。

なぜひな祭りに白酒を飲むようになったか、という理由ですが、元々は女性の厄払いのためという説と、江戸時代に人気だった白酒が桃の節句になると売り出されたからという説があります。 

見た目は甘酒によく似ています。甘酒はアルコール分をほとんど含んでいませんが、白酒はアルコール分9%という立派なお酒なのです。子供は飲むことができないため、甘酒で代用しているご家庭もあるようですね。

昔から伝わる、ひな祭りのお祝い方法とは

人形」っていう文字。大和言葉(くんよみ)にすると「ひとがた」とも読めますよね。その名の通り、昔は人の身代わりとして人形に悪いものを託し、水に流すことで邪気を祓う道具でした。

実は、このような人形(ひとがた)を川や海へ流す「流し雛」の風習は現代でも各地で行われています。

中でも鳥取の用瀬(もちがせ)の流し雛は有名で、男女一対の紙雛を桟俵(さんだわら:米俵の丸い蓋)に乗せて川に流し、無病息災を願うそうです。

また、福岡県の柳川地方では、昔から女の子が生まれると初節句におひな様と一緒に色とりどりの「さげもん」を飾り、盛大に祝う習慣もあります。

現代日本でのひな祭りの楽しみ方とは

親族で集まり女の子の成長と幸せを願うひな祭りですが、現代ではいろいろな楽しみ方があるようです。

ひな祭りは子供の時だけというイメージもありますが、最近では大人の女性が集まって食事会をするなど、女性であることをお祝いすることもあるようです。また、ちらし寿司だけでなく、かわいらしいケーキが準備されることもあるみたいですね。

雛人形も手軽に飾れるガラスケースに入ったものや、軽い木製のもの、大人になっても部屋に飾れるようにタペストリーやポスターになっているものなどもあるそうです。

ひな祭り当日まで楽しめる遊びの紹介

せっかくのお祝い行事のひな祭り。お話や食事だけでなく、子供たちとひな祭りにまつわるゲームもできればより一層思い出に残りますよね!中でも楽しそうなものをいくつか見つけたので、簡単な遊びを紹介します。

★紙皿や折り紙を使った見た目もかわいい壁面工作★

★折り紙で作るねこのおひな様★

★紙粘土で作るおひな様★

ひな祭りが祝日じゃない理由は?

実はひな祭り(桃の節句)も5月5日の端午の節句も、江戸時代には五節句のひとつとして祝日だったそうです。

しかし、明治6年に新暦が採用された際、五節句の祝日が廃止され、桃の節句も端午の節句も祝日ではなくなりました。

そして戦後、新しい祝日を作ろうとした時に、3月3日の案や新年度の4月1日の案も出てたようなのですが、最終的に『5月5日が 男女に関係なく 「こどもの日」としてお祝いできるよね。』

という考えから、3月3日は祝日にしない方針で決まったそうです。

まとめ:ひな人形は穢れの身代わり役だった!

ひな祭りの絵
  • 3世紀ごろから行われていた中国の行事が、ひな祭りのもととなった
  • 平安時代、人々は人形に自身のけがれをたくし、川に流していた
  • ひな人形は立春から出していい
  • 現代日本では、様々なひな祭りの楽しみ方がある
  • 3月3日が祝日でないのは、5月5日がこどもの日だから

ひな祭りは平安時代から長い歴史とともに変化し、江戸時代からは女の子の幸せを願う行事へと変わっていきました。

そのため始まりは、現在のように女の子をお祝いするものではなく、清めや無病を願う思いが込められた厄払いの行事だったのです。

ひな人形を飾り、女の子の成長と幸せをお祝いするという文化は、現代も変わらず、まだまだ多くの家庭で残っています。これは、ご両親やその親戚の方たちの「女の子の幸せを願う気持ち」が昔も今もずっと変わらずあり続けているおかげなのかもしれませんね。

私の家庭は男の子しかいませんので、今のところひな祭りをする予定はありませんが、ひな祭りの由来や意味を知ると、男女関係なくお祝いしてあげたくなります。

ひな祭りの記事は以上になります。是非ともお子様やご家族に、ひな祭りの歴史や意味を分かりやすく教えてあげて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。