【2020年】恵方巻きの方角は?食べ方や由来も解説!

恵方巻きを食べる鬼のイラスト

節分といえば、「恵方巻きを食べて縁起を担ぐ日」でもありますよね。

私の家庭でも恒例行事としてやっていましたが、毎年決められた方角を向いて、笑うのをこらえ、無言で食べる!というのはゲームみたいで楽しく、今想えばいい思い出だったなぁ・・・。とブログを書きながら過去の思い出に浸っております。

今回はこういった文化がいつどのように始まったのかについて紹介していきますね。

今年の恵方巻きを食べる方角は西南西!

2020年の恵方は「西南西やや西(右)」になります。恵方巻を食べるときは「西南西やや西(右)」を向いて食べましょう。

恵方の方角は、昔からある早見表で確認できます。最近だとスマートフォンのアプリをダウンロードする方が多いようですね。私がアプリを使った感想としては、より方角がピンポイントで分かりやすいな!という印象です。

恵方巻きの方角って?どうして毎年違うの?

恵方 方角

恵方巻きの方角は、その年の一番良いとされる方角を恵方としています。

この方角、実は東北東西南西南南東北北西の4つの方角しか存在しないんです。(個人的にもっとたくさんあるかと思ってた・・・)そのため毎年この4方向のどれかが恵方となっています。

恵方の方角の決め方とは?

恵方ってなに?

恵方は、陰陽道でいう福の神「歳徳神(としとくじん)」がおられる方角を指します。歳徳神とは、金運幸せを呼び寄せる神様としてとても縁起のいい神様です。

恵方を決めている十干(じっかん)とは?

では、歳徳神のいる方向とはどのように決められているのでしょうか?

恵方の方角は「十干(じっかん)」によって決まります。ん?十干…?と、あまり聞きなじみはないですよね!?

十干(じっかん)とは、

きのえ)・きのと)・ひのえ)・ひのと)・つちのえ)・つちのと)・かのえ)・かのと)・みずのえ)・みずのと)の10種類をいいます。

これらは古代中国文化「殷の時代」から来ているとされてます。日本でも契約書や危険物取扱資格などで「」は見かけたことがある方も多いのではないのでしょうか。

ちなみに私は以前ホームセンターで灯油の販売をしていたので、危険物取扱資格乙種を持っています!(持ってるだけで勉強した内容はほとんど忘れてしまいましたが・・・(笑))

恵方の方角 は、十干や西暦から調べられる!

恵方」は、その年の十干(じっかん)によって次の表のように決まります。

そこで気になるのが、どうして下の表のように決まったのかですよね?・・・すみません!色々調べてみたものの十干と恵方の方角との相関関係については、昔の暦の本にそう記してあっただけとのことで詳しい根拠は不明なようです。

下図の西暦下一桁とは、今年2020年であれば「」昨年2019年であれば「」を指します。

(恵方・方角・十干早見表)

上の表から、2020年(令和2年)を確認してみると、十干は「」(かのえ)というのが分かります。

よって、2020年の恵方は、「西南西」となります。

2020年をはさんだこちらの図も、分かりやすいよう紹介しておきますね。

※ちなみに来年2021年は、節分の日が2月2日になる可能性が高く、5年後の2025年2月2日になります。その理由は下記にて解説しております。

恵方巻きの正しい食べ方(3つのルール)

1 恵方を向くこと

まずはその年の神様がいらっしゃる恵方(2020年は西南西)を向いて食べることです。食べている間はよそ見をしてもいけません。

2 黙って食べること

恵方巻を食べるときは黙って食べましょう。

途中で話してしまうとご利益を得ることができないそうです。家族や友達が皆食べ終わったのを確認してから、残りの食事を楽しくおしゃべりしながらするようにしましょう。

3 恵方巻きは一気に食べること

恵方巻きを食べるときは切り分けたりせず、丸ごと一本食べるようにしましょう。

途中で休んだりしてもご利益が薄くなってしまうので、食べる前に呼吸を整え、一度に食べ終えるようにしてください。お子様や高齢の方は恵方巻を細くするといいかもしれませんね。

恵方巻きの由来とは

恵方巻きの原点は、江戸時代の大阪からが有力説

恵方巻きの起源は諸説ありますが、大阪・船場(せんば)で巻きずしを切る手間や時間を惜しみ、丸ごと一本の「丸かぶり寿司」として食べ始めたのが発祥と言われています。

その後1949年(昭和24年)に大阪鮓商協同組合の理事長が、「土用の丑の日に、うなぎの蒲焼」を食べる風習に対抗して、節分には「丸かぶり寿司!」として販売を開始。

その時に「恵方を向いて巻き寿司を食べて福を呼び込もう!」というマーケティング戦略も功を奏したことから、節分に丸かぶり寿司を食べる文化が、大阪の一部地域で定着していったようです。

「恵方巻き」の名付け親「セブンイレブン」からブーム!

もともと、1980年代中盤に、小僧寿しが「縁起巻(えんぎまき)」の名称で販売を開始したのですが、さほどブームにならず・・・

その後1990年にセブンイレブンが「恵方巻」として広島市から売りはじめ、1998年に全国展開したことで急速に普及することとなりました。

節分の日が2月2日~2月4日の間で変動するって本当!?

節分の日ってそもそも何のこと?

節分の日って、2月3日じゃないの?…と思われる方も多いと多いと思います。しかし、2月3日なのは、1985年から2020年までの35年間に限ってのことなんです。

ここから少しややこしいので、文字に色も付けて説明しますね!

まず、「節分の日」とは、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のことをいいます。

そのため、厳密には年に4回あるのですが、江戸時代から「立春の日」の前日を特に「節分の日」と呼ぶようになったといわれています。

立春の日はどうやって決めてるの?

立春の日を簡潔にいうと、「冬至の日」と「春分の日」の中間の日のことを指します。

この中間日から、「春に向けて旅立つ日」ということで、立春と呼ばれるようになったようです。

立春の日が2月3日~2月5日の中で変動する理由

地球が太陽の周りを1回、公転するのにかかる時間を1年(365日)としているのは多くの方がご存じですよね。

しかし、正確な1年の平均日数は、グレゴリオ暦(新暦)では365.2425日と考えられており、4年に一度うるう年を作ることで調整しています。

先ほど説明しましたが、立春の日は冬至春分の日の中間でしたね。4年に一度、2月29日のうるう年があるということは、2月4日を中心に、最大1日ずれる場合があるのです。

下の表を用いると、西暦をもとに調べたい立春の日を求めることができます。

※正確にいうと立春は、太陽黄経が315度となる日となります。来年(2021年)は日付が変わるとほぼ同時に315度に位置するため、2021年の立春が2月2日になるか3日になるかは今現在も未確定のようです・・・(来年のことなのに、まだ未確定なんですね)

(立春の日が分かる早見表)

例えば、2026年を4で割ると、506余り2となります。

それを上の表に当てはめると、2026年は2021~2056年の間に当たり、余りがなので立春は、2月4日ということになります。

節分の日」は立春の前日ですので、2026年の節分の日2月3日と導き出すことができます。

今後5年間の立春・節分の日リストも参考までに載せておきますね。

(2021~2025年の立春・節分の日が分かる早見表)

まとめ:今年の恵方巻きの方角は西南西

節分で豆を投げつける人イラスト
  • 恵方巻は、恵方を向いて黙って一気に食べると願いが叶う!
  • 恵方巻の元祖発祥は江戸時代の大阪からで、セブンイレブンの販売戦略により、恵方巻きと名付けられ、全国的なブームとなった。
  • うるう年の関係で、来年(2021年)と2025年は節分の日が2月2日になるかもしれない。

いかがでしたでしょうか。これで、節分を迎える準備はばっちりですね!

食べ方やルールは、「なんだかちょっと厳しいルールだな・・・」と感じられたかもしれませんが、あらゆるお店の販売戦略によって決められたものもあるので、細かなルールは定まっていないようです。

個人的な意見として、あまりルールに縛られることなく、この恵方巻文化を、家族や友人との仲を深めるひとつのイベントとして、楽しんでいただければと思っています。

ここまでご覧いただきありがとうございました。