ハロウィンはいつからいつまで?オススメな衣装やランタンの作り方を紹介

おばけの置物の写真

秋になると、毎年ハロウィンの飾り付けでお店が華やかになり、ハロウィンイベントも開催されるようになりますが、「ハロウィン」とは、いったいいつからいつまでのことかご存知でしょうか。

また、「ハロウィンがどんな風習か分からない」という方も多くいらっしゃるようなので、簡単にハロウィンの風習について解説すると共に、ハロウィンイベントを盛り上げる「オススメのアイテム」や「衣装」を紹介していきたいと思います。

この記事では、

  • ハロウィンはいつからいつまで?
  • ハロウィンの起源と由来
  • ハロウィンにオススメな衣装・パーティグッズ
  • ジャック・オー・ランタンの作り方

について解説・紹介しています。

ハロウィンはいつからいつまで?

ハロウィンの置物の写真

日本では、9月頃からハロウィンのイベントが始まり、10月いっぱいまでイベントが行われることが多いですが、毎年10月31日がハロウィンとなります。

覚え方としては、10月の最終日がハロウィンと覚えるようにすると良いですね。

有名なテーマパークでは、毎年下記の期間ハロウィンイベントが開催されています。

ちなみに日本では、「ハロウィン」と言うのが一般ですが、「ハロウィーン」という言い方もありますよね。

「ハロウィーン」というのは、英語の発音を重視した言い方となっており、東京ディズニーランドでは、「ハロウィーン」の方が採用されています。

本来のハロウィンの期間は10月31日~11月2日まで?

現在、日本や海外の多くの国では、宗教とは関係なく「10月31日」をハロウィンとして仮装イベントなどを開催していますが、歴史的な流れとして「10月31日」は諸聖人の日の前夜祭(しょせいじんのひのぜんやさい)とされていた時代があり、『10月31日~11月2日』までがハロウィンの期間となっていたようです。

「ハロウィーン」というのは、『諸聖人の日の前夜』という意味があり、元々『オールハロウズイブ(All Hallows’ Eve)』と言われていたものが変化して「ハロウィーン(Halloween)」と呼ばれるようになったと言われています。

10/31 諸聖人の日の前夜
(All Hallows’ Eve)
秋の収穫を祝い、祖先の霊を迎える日
11/1 諸聖人の日(万聖節)
(All Hallows’Day)
亡くなった全ての聖人と殉教者を祝福する日
11/2 死者の日(万霊節)
(All Souls’ Day)
亡くなった全てのキリスト教徒達に祈りを捧げる日

元々、10月31日の「秋の収穫を祝い、祖先の霊を迎える日」と、キリスト教の「諸聖人の日」は何も関係がない風習でした。

しかし、ハロウィンの起源とされる「ケルト文化」と「キリスト教」が融合した『ケルト系キリスト教』が生まれたことで、ケルト人にキリスト教を受け入れてもらいやすくするために、5月13日だった「諸聖人の日」を、11月1日に行うようになったそうです。

その後、ケルト系キリスト教が消滅した後は、キルト人の文化としてハロウィンの行事が広まることとなったため、現在ではキリスト教とハロウィンは無関係の行事とされています。

それでは、簡単に「ハロウィン」の起源を解説します。

ハロウィンの起源と由来を簡単に解説

ハロウィンの置物の写真

「ハロウィン」は、古代アイルランドに住んでいたとされるケルト人が行っていた『サウィン祭』が起源であると言われており、移民によってケルト人の風習がアメリカへと伝わっていった結果、現在の「ハロウィン」の形となったと言われています。

①ケルト人の「サウィン祭」がハロウィンの起源

「サウィン祭」というのは、10月31日に行われる収穫祭祖先の霊を迎える行事のことです。

10月31日にやってくるのは、祖先の霊だけではなく、悪い霊も訪れる日とされていたため、悪い霊から身を守るために動物の皮や仮面をかぶって人間だと分からないようにしていたことが、現在の仮装の由来とされています。

また、「ルタバガ」と呼ばれる『カブ』を使ってランタンを飾る風習もあり、これは現在のかぼちゃのランタンである『ジャック・オー・ランタン』の由来となっており、『祖先の霊を導くと共に、悪霊を遠ざける役割がある』と言われています。

②「サウィン祭」が「ハロウィーン」へ

キリスト教が広く信仰され始めた時代、ケルト人がもともと信仰していた「ドルイド教」に、「キリスト教」が取り入れられた「ケルト系キリスト教」が生まれます。

そして、「サウィン祭」は、ケルト系キリスト教徒の間で『諸聖人の日の前夜祭』という位置づけとなりました。

そのため「サウィン祭」は、『オール・ハロウズ・イヴ(諸聖人の日の前夜祭)』と呼ばれるようになり、次第に『ハロウィーン』と呼ばれるようになっていったそうです。

③アメリカから世界へ広がったハロウィン

1940年代頃、飢餓により新天地を求めてアイルランドの地域から多くの移民がアメリカに渡った際、ハロウィンの風習もアメリカへ渡ることとなりました。

当初は移民内の行事であったハロウィンでしたが、少しずつアメリカの人々に知られるようになり、20世紀初頭には宗教とは関係のないイベントとして広く普及し、受け入れられていったとされています。

アメリカでは、かぼちゃの収穫期であったことから、かぼちゃでランタンが作られるようになり、子供達が家々を回ってお菓子をもらったり、仮装パーティを行ったりするアメリカ式のハロウィンが英語圏で広まり、世界中へと伝わっていくこととなったと言われています。

ちなみに、日本で最初にハロウィンが取り入れられたのは、1970年代頃の洋菓子店であったと言われていて、流行するきっかけとなったのは、1997年に東京ディスニーランドで行われた『ディズニー・ハッピー・ハロウィーン』であったと言われています。

ハロウィンの行事については、下記の「ハロウィンの由来とは?」の記事で詳しく説明していますので、よろしければご覧ください。

ハロウィンにオススメな衣装

近年では、様々な場所でハロウィンの仮装イベントが開催されるほか、家でハロウィンパーティを行うという方も多いと思います。

そこで、ハロウィンにオススメな衣装を紹介していきますので、ぜひ衣装選びの参考にしてみてください。

【上品な魔女の衣装】

魔女の衣装の中には、胸元が大きく開いたものや着丈が短いものが多く、気軽に着れないという方も多いのではないでしょうか。

こちらの魔女の衣装は着丈が99cmとなっており、ひざ丈の長さで安心して着ることができます。
※モデルさんは173cmの方です

また、帽子・ベルト・手袋もセットになっていますので、新たに買い揃える必要がないことも魅力です。

【プチプラが魅力な可愛い衣装】

ハロウィンを気軽に楽しみたい方にオススメなのが、お手頃価格が魅力なプチプラ衣装です。

こちらの商品はS・M・L・LL・3Lから選べる豊富なサイズ展開と、7種類の可愛らしいデザインが魅力の衣装となっています。

価格は2,298円(2021年8月調べ)となっており、送料無料なところもオススメです。

【プリンセス気分が味わえるコスパ最強の衣装】

女の子にオススメなのが、プリンセス気分が味わえる素敵なドレスの衣装です。

こちらの商品は、肌に優しいコットン素材で作られており、価格も1,980円(2021年8月調べ)とコスパ最強のドレスとなっています。

サイズは80cm~140cmまであり、デザインは5種類から選ぶことができます。

【子供が喜ぶ★デビルマントの衣装】

洋服の上から羽織るだけのデビルマントは、男女問わず子供さんにオススメです。

ハロウィンモチーフの10種類のデザインと、デビルの角がカッコ可愛い商品となっています。

また、フリーサイズなので成長に合わせて購入する必要がなく、長く使用できることも魅力です。

【カバーオールが使える!赤ちゃんにオススメな衣装】

小さなお子さんには、こちらの可愛いコスチュームはいかがでしょうか。

こちらの衣装は「カバーオール」と、「コート」がそれぞれ分かれているため、ハロウィンが終わってもカバーオールは着回しができる大変嬉しい商品となっています。

また、コットン100%の素材で作られているため、お肌が敏感な赤ちゃんにも安心です。

【人気者になれる仮装Tシャツ】

ユーモアがある男性や子供さんにオススメなのが、2秒あれば変身することができる変身Tシャツ「カブリッティ」になります。

通常は無地のTシャツですが、裾をまくって頭にかぶればすぐに変身することができるので、飲み会の席や学校などで披露すれば人気者になれること間違いなしです!

ハロウィン向けのガイコツやおばけといったデザインから、おちゃめなデザインのものなど18種類のデザインがありますので、お好きなものを選んでみてください。

【ワンちゃんにオススメ☆可愛いおばけのコスチューム】

寒さが苦手な小型犬には、こちらの可愛いおばけのコスチュームはいかがでしょうか。

ハロウィンにはぴったりの可愛いデザインと、もこもこ素材が温かく、寒さからワンちゃんを守ってくれます。

また、リバーシブルとなっていますので、おばけとかぼちゃの2種類を楽しむことができるのも魅力です。

ハロウィンを盛り上げるオススメなパーティーグッズ

衣装だけでは物足りないという方に、ハロウィンを盛り上げるオススメなパーティグッズを紹介していきます。

【フェイスペイントで本格的なハロウィンを楽しもう】

こちらの商品は、15種類のカラーと6本のペイントブラシが入った『フェイスペイントセット』になります。

カラーは人体に無害な素材を使用し、お湯や石鹸で簡単に落とすことができるため、小さなお子さんでも安心して使用することができるのが魅力です。

ガイコツメイクやゾンビメイクなどをすることで、より本格的なハロウィンを楽しむことができます。

【ジャック・オー・ランタンのライトでハロウィンの雰囲気を】

こちらの商品は、ジャック・オー・ランタンをモチーフにしたLEDガーランドになります。

お部屋の中に飾るだけで、一気にハロウィンチックのお部屋にすることができますよ。

また、かぼちゃのタイプは3種類のタイプから選ぶことができますので、飾る場所を決めてから選ぶと良いかもしれませんね。

【オシャレなウォールステッカーでフォトブースを作ろう】

こちらの商品は、壁を傷める心配がなく、自由に貼って楽しめるウォールステッカーになります。

ただ貼るだけでも素敵な空間を作ることができますが、貼り方次第でおしゃれなフォトブースにすることもできるので、写真を残したいという方にはとてもオススメです。

こちらの商品の購入サイトでは、様々な種類のウォールステッカーがありますので、ぜひ自分好みのステッカーを探してみてください。

【ふわふわ浮かぶ!おばけのバルーンブーケ】

こちらのおばけのバルーンブーケは、ヘリウムガスが入って届くので、ふわふわと浮かぶバルーンを楽しむことができる商品となっています。

一番上の風船は10日ほどでしぼんでしまいますが、おばけと星の風船は、約1ヶ月ほどもつので、長く楽しむことができ、オススメです。

また、トップの風船は6種類、星の風船は15色から選べるので、自分の好きな組み合わせを見つけてみてください。

イベントに持っていくのもよし、お家に飾ってもよしのアイテムです。

【ハロウィン仕様のマカロンで盛り上がろう】

カラフルで可愛いハロウィン仕様のマカロンでパーティを盛り上げてみてはいかがでしょうか。

こちらの可愛いジャック・オー・ランタンの顔がプリントされたマカロンは、全国的にマカロンで有名な『ふたば茶亭』のマカロンになります。

全10種類のフレーバーがあり、様々な味が楽しめるうえ、見た目も華やかなのでパーティーにはオススメです。

ジャック・オー・ランタンの作り方

ジャック・オー・ランタンの写真

ハロウィンには欠かせないアイテムの『ジャック・オー・ランタン』、皆さんは作り方をご存知でしょうか。

ジャック・オー・ランタンに使用されるかぼちゃと言えば「オレンジ色」をしたかぼちゃが有名ですが、スーパーではあまり見かけないかぼちゃですよね。

あのオレンジ色をしたかぼちゃは、『ペポかぼちゃ』と言われる品種のかぼちゃになります。

ペポかぼちゃの種類

「ペポかぼちゃ」といっても様々な種類があるのですが、主にハロウィンで使用されるかぼちゃは『観賞用』のかぼちゃとなっており、次のようなペポかぼちゃがあります。


おもちゃかぼちゃ (観賞用)
直径5~13cm程度
プッチーニ (食用)
直径10~15cm程度

ベビーパム (食用)
直径20~30cm程度
紅かぼちゃ
(サンシャイン)
(食用)
直径30~40cm程度
ハロウィンかぼちゃ
(オータムゴールド)
(観賞用)
直径30~50cm程度
小さなものもあります。

アトランティックジャイアント (観賞用)
直径50cm以上

オレンジ色のかぼちゃは、緑色のかぼちゃに比べて実が柔らかいため、加工がしやすく、ランタンも簡単に作ることができます。

オススメなのは、インテリアとして馴染みやすい『プッチーニ』です。

プッチーニかぼちゃの写真
プッチーニ

かぼちゃ自体は日持ちのする野菜ですが、傷つけることによって数日でカビが生えたり、腐ったりしてしまいますので、ランタンを作る際にはハロウィンの直前に作るようにしてくださいね。

ジャック・オー・ランタンの作り方

まず、用意するものとしては、次のものがあります。

  • かぼちゃ(ペポかぼちゃ)
  • マジックペン
  • カッターナイフまたは小型のナイフ
  • スプーン
  • キャンドル型LEDライトまたはろうそく

★ジャック・オー・ランタンの作り方★

①かぼちゃにマジックペンで顔を描く

②キャンドルライトが置けるくらいの大きさで、かぼちゃの底(そこ)をカッターナイフで丸く切り取る
 ※底は切り取った後も使いますので、とっておいてください。

③切り取った底から、かぼちゃの中身をスプーンで取り出す

④かぼちゃの顔をカッターナイフで切り抜く

⑤乾いた布などでかぼちゃの水分を拭き取る

⑥かぼちゃの底にキャンドル型LEDライトを置いて、
 顔を作ったかぼちゃをかぶせて出来上がり

ジャック・オー・ランタンの作り方は、下記の動画でも紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:ハロウィンは毎年10月31日の1日だけ

ハロウィンかぼちゃとお化けのイラスト
  • 歴史的な流れとして、「諸聖人の日の前夜祭」として10月31日~11月2日までがハロウィンとされていた時代があった
  • 現在では、10月31日のハロウィンの行事と、キリスト教の「諸聖人の日」・「死者の日」の行事は関係のないものとされている
  • 日本では、9月上旬頃からハロウィンのイベントが始まり、10月31日まで行われることが多い
  • ハロウィンは、「サウィン祭」というケルト人の風習が起源とされている
  • アメリカにケルト文化が伝わったことで、世界中にアメリカ式のハロウィンが広まることとなった
  • ジャック・オー・ランタンに用いられるかぼちゃは、「ペポかぼちゃ」

いかがでしたでしょうか。
ハロウィンは、諸聖人の日の前夜祭とされていた時代もありましたが、現在はキリスト教とは関係のない風習であり、宗教を問わない行事として世界中で親しまれていることが分かりました。

ちなみに、観賞用のハロウィンかぼちゃは、食べることが可能なのかというと、水っぽく味がうすいので、煮物などの料理には向きませんが、クッキーやパンプキンパイにすることで美味しくいただくことができるようです。

しかし、あくまでも観賞用として栽培されているため、農薬などの基準があまく、食べることは推奨されていません。

もちろん、食用として栽培されているかぼちゃは、安心して食べることができますので、中身をくり抜いた時点で美味しくいただきましょう。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。